スポーツ障害

お悩みタイトル

  • 野球部で毎日練習しているうちに肘に痛みが出るようになった
  • サッカーのし過ぎで膝の前側が痛くなり水が溜まってきた
  • ラケットを振るだけで首や手首に負担がかかる
  • 痛みはないが肘が曲がってしっかり伸びない
  • このまま運動を続けると悪化すると言われた

スポーツ障害とは?

「スポーツ障害」とは、その名の通りスポーツをすることによって起こる障害のことで、使い過ぎ症候群とも言われます。
身体にかかる負担が大きすぎ、痛みやしびれなどの症状が慢性的に起こるのです。

この障害は特に成長期の子供に発症します。
その理由は部活動などで練習時間が長い上、成長期で骨がまだ完成されておらず、継続的な圧力や牽引によって変形したり傷ついたりしやすいからです。

また、スポーツ障害に似たものに「スポーツ外傷」があります。
障害が継続的な負荷によって起こる疾病の一種なのに対し、外傷は突発的な衝撃によるケガを指します。

・スポーツ障害

野球肘、テニス肘、オスグッド・シュラッター病、シンスプリント、アキレス腱炎、疲労骨折、腰椎分離症、ジャンパー膝など

・スポーツ外傷

骨折、脱臼、捻挫、肉離れ、打撲など

この二つには密接な関係があり、切り離して考えることはできません。
運動で関節や筋肉、靭帯に負担がかかっているとケガ(外傷)しやすくなりますし、ケガを繰り返すことで障害が起きやすくなるからです。

スポーツ障害が改善しない理由

スポーツ障害を起こして整形外科や整体で治療を受けても、なかなか改善しないことが多く、中には疲労骨折を起こしたり、手術しても1年以上復帰できないこともあります。

理由の一つは、部活動やクラブを休むとレギュラーになれない、仲間に置いて行かれる、といった危機感があるため、身体に無理をかけ続けてしまうからです。

また、準備運動やクールダウンを充分に行なわないと、筋肉や靭帯を傷めやすくなります。
特に中高年は単調な準備運動やクールダウンを面倒がる傾向があるため、いくら治療しても負担が蓄積されてしまうのです。

もう一つの大きな原因は、受けた治療の方法にあります。
湿布薬や鎮痛薬は痛みを一時的になくすだけですし、マッサージや整体の多くは患部への施術のみです。
どちらも、なぜスポーツ障害を起こすか、というところまで踏み込んだ治療ではないため、再発しやすくなるのです。

当院のスポーツ障害改善方法とは?

くまのみ整骨院では、まず一人一人の体型や筋肉の付き方、骨の位置などを丹念に調べ、身体の歪みをチェックします。

その結果から個々人に合った独自療法の骨格×筋肉×神経調整を行ない、骨盤や背骨の位置を正常に近づけていきます。
同時に患部のストレッチや筋トレ、関節の調整で柔軟性をアップさせ、激しい運動をしても痛みの起きにくい身体へと変えていくのです。

大好きなスポーツをいつまでも楽しみたいと願う方は、痛みを我慢せず当院にご相談ください。

▶関節や靭帯などスポーツのケガ予防に最適!当院のゆがみ矯正についてはこちら

▲ページの先頭へ戻る

くまのみ整骨院東大宮院のご案内

【住所】〒337-0051  埼玉県さいたま市見沼区東大宮4丁目17−7
【電話】048-788-4002

くまのみ整骨院東大宮院景観
受付時間 日・祝
10:00 ~ 13:00 9:00 ~ 18:00
15:00 ~ 20:00
当院までの地図

○「東大宮駅」から徒歩2分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方は、提携駐車場をご利用ください。1時間までお支払いいたします。

電話番号:048-788-4002

こんな症状でお悩みの方へ

当院の施術内容

交通事故の施術内容

サイト内

ブログ

お問い合わせ

LINE友だち追加

スタッフ募集

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

くまのみ整骨院東大宮院には上尾市瓦葺、さいたま市見沼区島町、さいたま市北区今羽町など近隣の地域からも多く来院されています。

お気軽にお問い合わせください
  • くまのみ整骨院東大宮院

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る