椎間板ヘルニア

お悩みタイトル

  • 最近肩こりや背中の痛みがひどい
  • 腕が重く動かすのがつらい
  • 腰の痛みがひどく寝返りも打てない
  • 最近腰痛だけでなく片方の足がしびれるようになった
  • 椎間板ヘルニアで手術が必要といわれた

椎間板ヘルニアとは?

「椎間板」とは、脊椎(背骨)の24個の骨と骨の間にあるクッションのことです。
椎間板の中には髄核という組織があり、それが何らかの原因で飛び出た症状を「椎間板ヘルニア」といいます。

椎間板には頚椎(けいつい)、胸椎(きょうつい)、腰椎があり、最も多いのが腰回りに起こる腰椎椎間板ヘルニアです。

飛び出した椎間板が神経を圧迫するため、痛みやしびれが起こります。
特に腰回りには多くの神経が走っているため、他ヘルニアより激しい痛みを伴うことが多いのです。

椎間板ヘルニアの原因とは?

椎間板は非常に老化が早い組織で、10代初期から徐々に弱っていきます。
そのため、日常の動作や運動などでも椎間板ヘルニアの引き金になり、特に腰に負担がかかることをしていない人でも発症します。
その他、遺伝や喫煙、ストレスなども要因と考えられています。

特に最近注目されているのが、ストレスとの関係です。
老化によって誰でも髄核が椎間板から出やすくなるものの、症状が軽ければ通常は痛みを感じません。
しかし、ストレスによって脳内のホルモンのバランスが狂うと、たとえヘルニアが非常に小さくても痛みを強く感じるようになってしまうのです。

当院の椎間板ヘルニア改善方法とは?

ヘルニアは自然に小さくなることが多いものの、中には痛みやしびれがなくならない人もいます。
椎間板が多くの神経を圧迫し、強い痛みやしびれ、排尿・排便困難などの症状が続く場合は、手術が必要な場合もあります。
しかし、椎間板の手術は高い技術が必要で、しかも再発の確率が約50%といわれています。

こういった方の特徴として、姿勢が悪いことがよくあります。
背骨は身体の中心ですから、姿勢が悪ければ当然背骨も曲がり、その結果椎間板が飛び出しやすくなるのです。

当院では、姿勢を矯正することで、椎間板ヘルニアの症状を緩和させることができると考えています。
骨盤や背骨の位置を正しく矯正することで姿勢が良くなると、椎間板に過度な負荷がかからなくなってきます。
すると神経や血管が圧迫されることがなくなるため、痛みやしびれなどの症状が緩和されるのです。

また、自律神経は背骨を中心に全身に広がっているため、背骨が矯正されるとストレスが緩和されます。
すると、痛みに過敏すぎる状態が改善されていくのです。

椎間板ヘルニアの治療は、早いほど効果が出やすくなります。
腰に違和感や痛み、しびれを感じた際には、お早めにくまのみ整骨院にご相談ください。

▶ヘルニアを手術なしで改善する当院の猫背矯正について

▲ページの先頭へ戻る

くまのみ整骨院東大宮院のご案内

【住所】〒337-0051  埼玉県さいたま市見沼区東大宮4丁目17−7
【電話】048-788-4002

くまのみ整骨院東大宮院景観
受付時間 日・祝
10:00 ~ 13:00 9:00 ~ 18:00
15:00 ~ 20:00
当院までの地図

○「東大宮駅」から徒歩2分

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

当院へお車でお越しの方は、提携駐車場をご利用ください。1時間までお支払いいたします。

電話番号:048-788-4002

こんな症状でお悩みの方へ

当院の施術内容

交通事故の施術内容

サイト内

ブログ

お問い合わせ

LINE友だち追加

スタッフ募集

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

くまのみ整骨院東大宮院には上尾市瓦葺、さいたま市見沼区島町、さいたま市北区今羽町など近隣の地域からも多く来院されています。

お気軽にお問い合わせください
  • くまのみ整骨院東大宮院

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る