保険に関するQ&A

お悩みタイトル

交通事故の慰謝料

Q.交通事故の慰謝料とは?

A.交通事故に巻き込まれて怪我をしてしまい、通院や入院、手術などを余儀なくされたり、後遺症が残ってしまって以前のように身体を動かすことが出来なくなってしまったという場合、大きな事故で被害者の方が亡くなられてしまったという場合など、ケースに応じて慰謝料が支払われます。

いちばん多いケースが怪我をしてしまって通院が必要になったというときに支払われる慰謝料でしょう。
整形外科などの病院への通院はもちろんですが、さいたま市にあるくまのみ整骨院にて交通事故治療を受けられているという場合でも慰謝料の支払い対象になります。

Q.保険会社とのやり取りはどうしたらいいの?

A.保険会社とのやり取りは当院がサポートします!
肉体的や精神的に負ってしまった苦痛を損害としてとらえて、それを金銭によって賠償するという目的の通院慰謝料というものです。保険会社によっては、病院を指定してきてそこでの治療しか認めないというように言われる方もいらっしゃるようですが、何処で治療を受けるのかは患者様がお決めになることですので、指定病院に行かなくてはならないということは御座いません。

さいたま市にあるくまのみ整骨院への通院が認めてもらえないなど、保険会社とのやり取りにてお困りのことや疑問に思うことが御座いましたらどうぞお気軽にご相談ください。

交通事故賠償

Q.交通事故の賠償とは?

A.交通事故を起こしてしまった場合、その事故に対して賠償する…つまり責任を取る必要がでてきます。事故で怪我をさせてしまったら治療費・慰謝料を支払わなければならなかったり、車両や物の修理代を支払ったりしなければなりません。自身が起こしてしまった事故でも、過失割合が相手よりも低い場合でも、“相手が不利益を被った”ことに対して発生するのです。

また、車を他者に貸した際に事故を起こしてしまったり、社用車で事故を起こしてしまったりした場合にも、車の持ち主が賠償責任を負わなければならないという“運行供用者責任”というものが、民法で定められているのです。たとえば、自家用車の場合は所有者が、さいたま市にも多くあるタクシー営業車の場合は雇用主である会社が運行供用者として責任を取ることになります。

運行供用者は、自動車の保有者はもちろん、自動車を貸した人、車の管理不足で盗難に遭い事故を起こされた際の持ち主、運転代行業者、タクシー・レンタカーの貸主などが挙げられます。ただ、この責任は人身事故のみに適応となり、対物は対象外です。

Q.できれば保険の範囲内で治療をしたいが、よくわからない

A.事故賠償として注意しなければいけないのは、保有者に運行供用者責任が発生しない場合があります。無断で転貸されていた場合や管理を怠らずに盗難に遭った際は、基本的に運行供用者責任が発生しません。その場合、自賠責保険も支払われないケースもあります。

さいたま市にある『くまのみ整骨院』は、交通事故専門院です。交通事故治療はもちろん、治療費にかかわる自賠責保険の相談の知識も豊富にあるため、保険に対する相談も受けつけてくれます。事故後は怪我の不安や事故のショックに加え、慣れない保険についてや保険会社とのやりとりなど、ストレスも多くなりがちです。是非不安をお抱えであれば、さいたま市にある『くまのみ整骨院』へご相談ください。

交通事故保険

Q.交通事故の保険とは?

A.交通事故というものは誰もが起こしたくないと思い運転をしています。
ですが、絶対ということはないため、みな事故保険をかけていくわけです。
事故保険は、強制保険である自賠責保険と任意保険があります。
強制保険は加害者が任意保険などに入っていなかった場合などを想定し、被害者の最低限の保護のためにあります。そのため、対人のみ保証するため、車両や対物などに関しては保障されません。
さいたま市にある整骨院などでも、この保険で治療することが可能です。

Q.交通事故が初めてで保険の事がわからない

A.任意保険は、自賠責保険では足りない部分を補うために加入します。
自賠責保険は被害者を最低限保護しますが、上限金額が低く、死亡事故でも3,000万円までしか保証できません。これでは事故後の保証には全く足りないため、任意保険の加入の必要性があるのです。
事故保険として、任意保険には様々な商品が存在します。
その中でも自賠責保険に対する上乗せと、自賠責保険が対象としていない対物や車両保険などを対象にしているもの、特約として弁護士費用の負担の保険などがあります。
さいたま市にある整骨院などの中でも、交通事故専門院であれば、交通事故に関する様々な相談もすることができますので、解決の方法の一つになってきているのです。
難しい交通事故の保険の相談も『くまのみ整骨院』にお任せ下さい。

自動車保険

Q.自動車保険に加入する必要性はあるの?

A.自動車事故は他人事ではありません。自動車を運転していく限り、事故の可能性はゼロにはなりません。そのため、車保険に加入する必要性があるのです。車保険に関しては強制保険である自賠責保険と、さいたま市などにもある保険会社で加入する任意保険が存在します。その車保険も最近では、リスク細分化保険というものは主流になりました。その理由が、保険会社がリスクを細分化し商品にすることで、保険料を下げることができるからです。

Q.自動車保険料はどれくらいかかるの?

A.自動車を運転中のリスクには、年齢や性別、運転歴のほか、使用目的や走行距離、車種などがあります。他にもエアバッグの存在や地域、車の所有台数までを含めた9種類をリスクとして分類しています。これは保険業法で定められており、このリスクを考えていくことで、保険料を上げるか下げるかと判断していくわけです。リスクに対する保険料に関しては、保険会社ごとに違うため一概にいうことはできません。

ですが、リスクが高そうなことは、保険料も高くなりますし、安全装備などがしっかりした車であればリスクが下がることに違いはありません。車保険に関しては簡単に判断できないような要素もあります。
さいたま市には、様々な保険会社が存在するため、比較しながら検討してみることもできます。
もしも、交通事故によって治療を受けなければいけない場合には、整骨院などでも相談してみるということも選択肢になるのです。

自賠責保険

Q.交通事故の補償は自賠責保険が適応されるの?

A.交通事故の補償は自賠責保険が適応可能です。
車はどんなに理由をつけても鉄の塊なのであり、車同士でぶつかれば速度的には出ていなくても大きな損害を与えてしまいます。中に乗っている人間にも大きな衝撃がきますし、車でなく人間に当たってしまえば、大けがをすることもありますし、死亡事故にさえなる可能性があるわけです。

さいたま市も決して車の数が少ない場所ではありません。そのため、もしも事故にあってしまった場合や事故を起こしてしまった場合には、その治療費を含めた補償をどうするかという問題が出てくるわけです。

Q.交通事故は自賠責保険で施術を受けられるの?

A.交通事故は自賠責保険で施術を受けていただけます。
自動車には自賠責保険というものが掛けられています。自賠責保険は強制保険ですので、必ず入らなければいけないのですが、任意保険などに入っていないなど最悪のケースとして、最低限の保証をするためのものであり、対人のみ適用されます。
被害者の救済目的ですので、どんな事故の状況であっても、過失相殺はされない仕組みになっていますが、被害者の過失が7割を超える場合には、重過失ということで減額されることがあります。保証金額は、障害の場合120万円、死亡の場合、3,000万円を限度額としています。

整骨院でもさいたま市にあるような、交通事故専門院であれば、交通事故に関して相談することもできますし、自賠責保険を使って施術を受けることもできます。交通事故の場合、できるだけ早い治療が必要ですので、痛くないと思っても、検査してみることが大切です。

▶バイク・自動車での事故についてはこちら
▶自転車での事故についてはこちら

▲ページの先頭へ戻る

くまのみ整骨院越谷駅前院のご案内

【住所】〒343-0813  埼玉県越谷市越ヶ谷1丁目16−6 ALCo越谷ショッピングスクエア2F
【電話】048-940-5588

くまのみ整骨院越谷駅前院景観
受付時間 日・祝
10:00 ~ 13:00 10:00 ~ 14:00
15:00 ~ 20:00 15:00 ~ 19:00
当院までの地図

○東武スカイツリーライン「越谷駅」東口から徒歩3分

○ALCo越谷ショッピングスクエア内2階

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

お車でお越しの方
ALCo越谷の駐車場をご利用いただけます。(2時間無料)
3階駐車場、屋上駐車場合わせて約300台駐車可能ですので、満車の心配もありません。

電話番号:048-940-5588

こんな症状でお悩みの方へ

当院の施術内容

交通事故の施術内容

サイト内

ブログ

お問い合わせ

LINE友だち追加

スタッフ募集

ご年配の方、女性の方も気軽に入れます

くまのみ整骨院越谷駅前院には越谷市御殿町、越谷市赤山町、越谷市瓦曽根など近隣の地域からも多く来院されています。

お気軽にお問い合わせください
  • くまのみ整骨院越谷駅前院

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る