坐骨神経痛の原因とは?改善方法も解説

お悩みタイトル

  • 腰から足にかけてしょっちゅうしびれがある
  • 寝ていても下半身の痛みで目が覚めることがある
  • 階段を昇る時お尻から下がピリピリする
  • かがんだり反ったりすると痛みが強くなる
  • 痛みで長時間は歩けないが、休むと楽になってまた歩ける

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は腰からお尻、太もも、ふくらはぎを経て足の親指付近まで通る、人体の中で一番太く長い末梢神経です。
「坐骨神経痛」とは、坐骨神経が何らかの原因で圧迫されて起こる下肢の痛みやしびれといった症状のことで、病名ではありません。

坐骨神経痛を発症する疾病は少なくありません。

・腰椎椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
・変形性腰椎症
・梨状筋症候群
・脊椎分離症
・脊椎すべり症 など

しかし、中にはこれらの疾病の特徴がみられない場合もあります。
その場合は原因不明ということで、坐骨神経痛が疾病名になります。

坐骨神経痛の原因とは?

坐骨神経痛の原因とは?

西洋医学では、坐骨神経痛を引き起こす原因によって傷病名をつけています。
たとえば腰椎椎間板ヘルニアの場合、腰部の椎間板が飛び出て坐骨神経を圧迫しているのが原因とされています。

また、腰部脊柱管狭窄症は、背骨内の脊柱管が狭くなって腰部の馬尾神経や坐骨神経が障害を起こし、しびれや腰痛を引き起こします。

しかし、なぜそれらの原因が発生しているのか、はあまり追求されていません。
そのため、痛みを緩和する鎮痛薬や麻酔、温熱療法、マッサージ、低周波、牽引、あるいはコルセットの装着など、今ある痛みを取り除くだけの対処療法が主流になっています。

当院の坐骨神経痛改善方法とは?

当院の坐骨神経痛改善方法とは?

当院では、坐骨神経痛を起こす原因を椎間板や脊柱管に求めるのではなく、なぜ椎間板や脊柱管に障害が起こるのか、というところから追求していきます。

根本の原因は、姿勢の悪さからくる骨盤や背骨の歪みにある、というのが私たちの考えです。
日本人は元々肩の位置が欧米人に比べると前についているため、猫背になりやすくなっています。
本来、背骨は首(頚椎)と腰(腰椎)が前に、胸(胸椎)が後ろに湾曲していますが、姿勢の悪さによって湾曲がひどくなったりなくなったり、あるいはねじれてしまうのです。

そこで、当院では全身の骨格や筋肉を手技や鍼灸、電気治療などを用いて徐々に正常な位置へと戻していきます。
すると坐骨神経への圧迫が緩和され、痛みやしびれから解放されていくのです。

くまのみ整骨院には治療歴の長いベテラン施術者が在籍しており、患者様一人一人の悩みに真摯に向き合い、健康づくりをサポートしております。
手術以外の治療法がなくなる前に、ぜひ当院にご相談ください。

▶坐骨神経痛の根本改善は正しい姿勢から!当院の猫背矯正について詳しく見る

▲ページの先頭へ戻る

くまのみ整骨院北浦和駅前院のご案内

【住所】〒330-0074  埼玉県さいたま市浦和区北浦和1丁目1−6
【電話】0120-440-051

くまのみ整骨院北浦和駅前院景観
受付時間 日・祝
10:00 ~ 20:00 9:00 ~ 19:00 9:00 ~ 18:00
当院までの地図

○JR京浜東北線「北浦和駅」東口から徒歩2分

○埼玉りそな銀行の2つ隣のビル1階

詳しい案内は「所在地・地図」で
ご覧になれます。

駐車場はございません。

電話番号:0120-440-051

お気軽にお問い合わせください
  • くまのみ整骨院北浦和駅前院

    受付時間内での受付となります。

  • お問い合わせフォームへ

    メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しております。

▲ページの先頭へ戻る